【頼る・依存・信じる】その違いと順序 | スピリチュアル

頼る・依存・信じる

アセンデッドマスター・ブッダからのメッセージ

アセンデッドマスターのブッダ

皆さんは、「信じる何かを持っていますか?

 

家族の言葉や自分の心から湧き上がる感情、大自然がもたらすものなど、多様にあることに気づくでしょう。

皆さんは信じるということを、ごく自然に行っているのです。

 

では、頼るとは何でしょうか?

 

それは、「信じる」の先にあるものと思ってください。

「自分自身を信じることができなければ、自分自身に頼ることができない」ということです。

 

もし、誰かしらに頼られたいと思うなら、まずは自分を正直に表して、信じてもらうことを先に行うのです。何より、嘘偽りは手放すように心がけるのです。

 

人は産まれた瞬間から多くの者を頼って生きています。

今日一日だけでも、どれだけの人があなたの生に関与しているか数えてみると良いでしょう。

直接あなたが出会った人だけではありません。

あなたが目にするもの、口にするもの、嗅ぐもの、触れるものにも人が関与しています。

 

 

皆さんの中には、「頼る」ということに抵抗を感じている方がいます。

自分自身の中にある「頼りすぎてはならない」「甘えすぎてはならない」という罪悪感がその抵抗を生み出します。

その罪悪感は「依存する」ということに対して起こることであり、「頼る」ということに抱く必要はないということに気づいてください。

 

頼ることと依存することは大きく違います。

 

頼ることは先に伝えた通り、信じることの先にある感覚です。

一方、依存することは頼ることに先にある感覚です。

頼ることでは飽き足らず、更に進んで行くと「依存」という状態があるのです。

 

頼るという感覚でいられるときは、その頼った結果を自分自身で口に入れて咀嚼し、飲み込む事ができる状態です。

依存という感覚になっているときは、依存した結果が開いている口に勝手に放り込まれ、咀嚼することなく飲み込む状態になっています。これはいずれ消化不良を起こすか、のどに詰まってしまう事でしょう。

 

皆さんが心配している「依存」は頼る先にあるのですから、自分が頼った結果を自分の力で咀嚼できていることに気づけば、罪悪感を抱くことなく存分に頼ることができるようになるでしょう。