【人生が停滞したと感じたら…】スピリチュアルメッセージ

停滞という意識は恐れによって起こるのです

アセンデッドマスター・キリストからのメッセージ

アセンデッドマスターのキリスト

「自分がいくら行動をしても、何ら変化が起こらず、現状を維持したように感じること」
これが皆さんが感じている「停滞」です。

現実的には時は流れ、人や物は動き続けていますから「停滞」しているわけではありません。
しかしそれでも止まったように、停滞したように感じるのはなぜなのでしょうか?

そこには1つ大きな勘違いがあるのです。

停滞という状態がある以上、あなたは行動を起こしていないのです。
どんなに行動していることを列挙しても、残念ながら行動が足りていません。
この言葉を聴き、消沈する暇があるなら次の手を考えてください。
まだあなたは行動を起こすことができるのですから。

まずは「恐れ」を手放すことを始めてください。

人は恐れを感じないところから、行動を起こします。
これはごく自然な人の行動であり、誰もが平等に行っているものです。
そして、満足できない状況になると少しずつ恐れと向き合うようになります。

チーズの塊から朝食で食べる分だけを切り取るような感覚で、恐れの塊に向き合って、手放せる分だけ切り取って手放すのです。
たった一人で取り組んできたものに停滞を感じたら、人に打ち明ける恐れを手放して、他人に協力を要請することで変化があるかもしれません。

「恐れ」は人によって違います。
あなたが平気なものを他人は恐れ、あなたが恐れるものを他人は平気なのです。
あなたの新たな行動に私は注目しています。
さあ、動き出しなさい。