【ブッダの説法】迷いは体験不足から起こる | スピリチュアル

迷う体験から学ぶ

アセンデッドマスター・ブッダからのメッセージ

アセンデッドマスターのブッダ

「迷い」は、体験の不足によって起こります。
そして、体験の不足は迷いによって満たされるのです。

初めから迷わずに進むことは出来ないということです。

赤ちゃんが充足した羊水の中から不足の世界に生まれた時、不足という体験によって「迷い」を感じます。

皆さんは必ず、生まれたときに初めて迷いを感じているのです。

迷いは生涯連れ添うもので、体験をし続けます。

「自分には迷いが多い」
と感じているなら、多くの体験をすることです。
迷いを解消する方法、自身の正解というものは一度の行動だけでは見つからないかもしれませんが、体験の回数を増やし、今後の迷いを容易くする効果があるのです。

皆さんは「迷い無く行動している人」を見ることがあるでしょう。
その人は多くの体験があるからこそ迷い無く見えるのです。
それは単純に羨むものではなく、その人の体験に耳を傾けて自身の糧としてください。

そうすれば、迷い無いと感じる機会が増えるでしょう。

error:コピーはできません