【実在したアトランティスとレムリア】現代の人類の関わり

▼YouTubeで生放送▼

アトランティスとレムリアは存在した

アンドロメダのアリー

アンドロメダ銀河

皆さんの住む地球には多くの文明が生まれています。

それは単純に人類の成長の記録であり、そこから学びを得て新たな文明を創り出すための礎です。
礎として利用しているのですから、文明同士が似ていても良いですし、正反対でも構わないということです。

では、多くの皆さんが気になっている文明についてお話をしましょう。
それは「アトランティス」そして「レムリア」という文明です。

どちらの文明も妄想ではなく実在し、今の皆さんの文明の礎になっています。

 

「アトランティス」と「レムリア」が、どのような礎となっているのかをお話しましょう。

アトランティスは今は沈んでしまった大陸に存在した文明で、彼らは言葉を交わさずとも意思疎通が図れるくらいまで統合の意識が高まった状態にありました。今の人類の祖先です。
しかし、外部の文明との統合に失敗しバランスが崩れ、あっという間に滅んでしまいました。

そのため、この文明からの学びは「文明や文化の融統合」です。
今あなたの周りではたくさんの仕組みが分解(融)されて、新たな要素と一緒に再構築(統合)していることでしょう。

 

それに対し、レムリアは何度も繰り返されている小規模の文明です。
アトランティスから学んだ
「文明や文化の融統合」が、しっかりと礎になっている文明です。
顕在意識への変化というよりも潜在意識の変化に重きを置いている文明のため、多くの物事の融統合をするために、自ら創り上げた文明を手放して他の文明に個々で混ざり合っていきます。
既に皆さんの文明とも混ざり合っているので、レムリアからの学びは具体的には表現しずらいものなのですが、今の皆さんにはレムリアの意識によって見聞が広がっていく体験が起こってます。

アトランティスとレムリアの文明は、皆さんの「今」に非常に強く作用しています。
その作用していることに気づくことで、より一層「アトランティスとレムリアと今が交わった感覚」を味わう事ができるでしょう。
あなた自身が見聞を広げて様々な出来事の意味を理解し、自身で融統合を図っていくのです。

error:コピーはできません