【なぜかわかる】導き手になった時に入るサポート|スピリチュアル

導き手はたくさんいます

大天使ラファエル

大天使ラファエル

「導かれる」のが得意な人と、不得意な人がいます。
「導く」のが得意な人と、不得意な人がいます。

関係性があるようですがそれぞれ違うものです。
導くことが得意だからといって、導かれることが得意ではないということです。

皆さんの周りにも導き手となる者たちがたくさんいます。
その中に、あなたがいるかもしれません。
もし、あなたの中で何かを導く流れが生み出されたとき、過去の導かれた体験が「少ない」とか「ドラマチックではない」という理由で二の足を踏む必要はないのです。

もちろん、経験したことは自他ともに大切な資産となりますが、それが全てではないのです。
導き手となっている者たちには、多くの目に見えぬ存在たちからのサポートが入ります。
そのサポートの中で、自分が経験したことではないものでも「分かってしまう状態が創り出されていきます。

その創造を大切にしてあげてください。

それはあなたの単なる妄想などではなく、あなたの導き手としての役割を遂行するための道具の一つなのです。