【羨む心・妬む心】を忌み嫌う必要はない | スピリチュアル

人は自然に人を想うのです

アセンデッドマスター・ブッダ

アセンデッドマスターのブッダ

人は人を自然に想う。

当たり前のように感じる方もいるかもしれません。

「想う」というのは、単にその人の成長や喜びを分かち合うことだけではありません。
羨むことや、妬むこともまた想うことなのです。

人は、この星に生を受け、活動している間中、人との関わりはなくなることはありませんから、想うことを止められないということです。

自然に想ってしまうことを忌み嫌うのではなく、それもまた自己であると知るのです。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

10月のスピリチュアルアドバイス公開収録

9月26日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」で10月のスピリチュアルアドバイスを公開収録いたしました。
一足お先に10月のアドバイスを受取ってみてください。
スピリチュアル解説では「虫が知らせるサイン」についてお話をしています。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

ブッダ
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません