【本当に願い叶った!】金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本2

YouTubeで生放送中!
▼毎日20:00スタート

▼ランキング参加中▼
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へクリックでの応援よろしくお願いします

金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗った素敵なエピソード

たくさんの方が龍と一緒に願いを叶え続けています

本を読んで、願いを叶えるために行動した皆さんの体験談の第二弾です。

体験談の中には、ご自分が予想していた以上の変化が起こっている方もいらっしゃいます。本という形にして皆さまにお伝えすることができて本当に良かったと感じています。

以前紹介した第一弾はこちらです。

【本当に願い叶った!】金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本
「金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本」を読んで願いを叶えた皆さんの体験談です。これからも多くの願いを叶えて行きましょう!龍たちは皆さんのサポートを惜しみません。

本を読んでくださった方も、これからの方も、ご自分の身の回りで起こることや既に起こっていることの意味に気づいてみてください。

今からご購入される方はこちらからどうぞ。
↓↓↓

エピソードご紹介

私の根底の願いは「自分らしく生きること」です。そのための具体的な願いのうち二つが7月中旬から動きだし、8月に一気に現実のものになりました。しかも予想以上のものでした!
願いの中にはパートナーシップのこともあり、私が一方的に願っていたら、相手に迷惑なのではないかという葛藤がありましたが、金龍の言葉にあった「お主はどうなりたいのか」という言葉に支えられ、自分の願いに遠慮をせず出来るだけ純粋に願った結果が実になり始めたのかなと思っています。
この嬉しい現実化を受けとることに慣れていきたいと思います!
―― 東京都 40代 女性 M.Y.さん

根底の願いに気づくと、ご自身の行動が根底の願いと繋がります。
すると、自然にご自分の行動が「ご自身のための行動」になるので、「願いが叶う」という変化を実感できるようになります。

M.Y.さんの場合は予想以上の効果があったようですね。
引き続き金龍の願いのサポート、銀龍の流れのサポートを受け取りながら、たくさんの現実化、願いが叶う体験を味わってみてください。

 

未来に展望を持てなかった私がこちらの本を読んで自分が願っても良いと分かり、やっと自分の本心を知る事ができました。
住みたい家に住む、家族の調和、パートナーがほしい、穏やかで満たされている事を願いました。
特に自力でどうにもできそうにないパートナーがほしいというお願いをした時、安心して龍さんにお任せできたのか不思議と願いを手放す感じがしました。諦めや叶うかなぁ?ではなく、この件はお任せしたから私は違う事をしよう、という心境の変化に驚いています。すべてこれからなので楽しみです。
―― 東京都 30代 女性 C.K.さん

自分の本心に耳を傾けることが、自分の願いを叶えるための第一歩です。
C.K.さんは、その一歩踏み出したことで、自分の心からたくさんの願いがあふれ出しました。

叶えたい願いが見えてくれば、後は叶えるための「行動」、そして「見直し」をスムーズに行う事ができるようになっていきます。スッと手放すことができた感じがしたのも、ご自分の心からの願いが見えている証拠です。
これからも金龍、銀龍といっしょに願いを叶えていってください!

 

本を購入してからといいますか、Tomokatsuさんの講座に参加するようになってから、自分の願いが今までよりもとても早いペースで叶うようになっています。願いもどんどん更新中。
最近伝えた願いは、今までは出来ないと思い、心に秘めていたような願い。
それだけにいろんな思いが湧いてきたりもしますが、願いの見直しをしながら進んでいます。ありがとうございます。
―― 千葉県 40代 女性 T.K.さん

私の講座やセミナーに参加された方の変化は、加速していきます。
変化の方法は人それぞれ違いますが、T.K.さんのように「自分の願いを叶える」というところにフォーカスして変化していくと、間違いなく願いは叶っていきます。

本には私の考え方の他にも、金龍と銀龍の意思もたくさん盛り込まれています。
願いを叶えるための方法を理解し、龍たちからの願いを叶えるためのサポートを受け取って、更に願いを叶えるための変化をしていきましょう。

ご自分の願いの器に気づいてみましょう

「金龍・銀龍といっしょに幸運の波に乗る本」では、金龍アーロンと一緒に「ご自分の願いの器」を探します。その器に気づくことが、願いを叶えるための第一歩です。
今回のエピソードの中にも、器に気づき、変化を体感し始めた方がいらっしゃいます。
この本を読んで頂き、願いを叶える体験を味わってみてください。

error:コピーはできません