不本意な事態を生み出す境界線を薄くする方法 | スピリチュアル

スピリチュアル・チャネリングメッセージ「なぜ分けることが必要なのでしょう?」

アセンデッドマスター・モーセ

アセンデッドマスターのモーセ

人はいつになっても境界という境目を求め、創り出すのです。

境界線は自分の芯を見定めるためには有用ですが、境界線は分離を生み出すものだということを知ってください。

境界線だらけではあなたが求めている融和にはたどり着かないのです。
融和は、境界線が薄くなり、それぞれがそれとなく混ざり合う状態を言います。
境界線によって自分の芯を見つけた後は、その境界を薄くしていくように行動するのです。

薄くする方法はいくつもあります。

1つは相手を知ること。
境界線を引いている段階では、まだまだ相手を知りません。
相手を知るためには境界線を越えて観察し続ける必要があるのです。

1つは境界の意味を理解すること。
あなたの創る「境界線」の本質を知れば、境界線を創る意味を深く考えることになります。
そうすると最終的には境界線が煩わしくなっていき、自ら薄くしていくのです。

あなたの境界線の意味を知ってください。
人は境界線を創るものであるということも知ってください。

error:コピーはできません