夏至に見えるものと違和感:大天使ミカエル | スピリチュアル

スピリチュアル・チャネリングメッセージ「光で照らして形を創る」

大天使ミカエル

大天使ミカエル

夏至は日が長く明るい時期のことを指します。

日が長く明るいということは、自分が照らさなくても物が良く見えるということです。

暗くて見えなかった物も、いつもより明るく見やすくなるのです。

「暗くて見えない」ということを理由に見ようとしなかった物が見えてしまう時でもあります。

あなたの頭の中に四角い部屋があるとするならば、この四角い部屋の隅々が明るく照らされるのです。

明るく照らされたとき感じる違和感を大切にしましょう。
この違和感を手放すために、あなたは行動し、新たな創造をするからです。

あなたでなければ架けられない梯子があります。
この梯子は、まずは「自分のため」に架けることを意識してください。
それはいずれ、多くの方が利用する梯子となるでしょう。

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

お知らせ

コンタクトワーク2020 ~ユニティ~ 実施しました

9月18日 の「Tomokatsuのスピリチュアルライブ」特別編として毎年実施している「コンタクトワーク」を行いました。

2020年のテーマは「ユニティ(unity)」で「一つにまとまる」という内容でコンタクトワークが進んでいきました。第5密度のアークトゥルスとリラの集合意識が一つにまとまって現れたのはとても面白い体験でした。

  • シリウス:ハモン
  • プレアデス:エリザベス・ジャーメイン
  • 金龍:アーロン
  • アークトゥルスとリラの集合意識:エンダーシア

登場人物はこれだけですが、もっとたくさんの存在とコンタクトされた方も多かったと思います。様々な存在たちがたくさんやって来ていました。

▼▼ご視聴はコチラ▼▼

ミカエル
スピリチュアルカウンセラー Tomokatsu
error:コピーはできません