家族間の絆と嫌悪感:アマテラス | スピリチュアルメッセージ

スピリチュアル・チャネリングメッセージ「家族という絆は何にも代えられません」

アセンデッドマスター・アマテラス

日本のアセンデッドマスターのアマテラス

「家族」という言葉を聞いて、嫌悪感を持つ方もいるでしょう。
しかし、その嫌悪は一時のものです。

家族という絆は皆さんが地球に生まれる前に決めたもので、その絆を利用して生きるつもりでいま地球にいるのです。

どんな状況であれ、家族の絆は強く存在しています。

困ったときに助け合うだけが絆ではありません。
対立することも、無関心になることも、家族の絆のなせるわざなのです。

家族に対する嫌悪は一過性であり、それら全てが感謝という気持ちになったときに改めて、この絆を感じるでしょう。