神々の手の役割と助けを受け取る事:ソロモン | スピリチュアル

スピリチュアル・チャネリングメッセージ「神々からの手が差し伸べられたら・・・」

アセンデッドマスター・ソロモン

アセンデッドマスターのソロモン

私が地球で生きていたときから「神」は存在し、その神の加護の元で様々な事を起こしてきました。

では、「神」とは一体何でしょうか?

私が頻繁に取り組んだテーマの1つです。

この問いかけに対し、家臣の1人がこのように言ったのです。

神とは、人の助けとなる「手を差し伸べるもの」である。

この答えを聞いてどのように感じたでしょうか。
もちろん、正誤を問いているわけではありません。
そもそも正誤はないのですから。

神が手を差し伸べる存在であるなら、あなたの隣の人はあなたの神となる可能性を秘めているでしょう。
神々はいつも側にいるということなのです。

あなたの側にいる人だけではありません。
動物、植物、土や風、陽光、これらも全てあなたに手を差し伸べる可能性を秘めているのです。

あなたの助けの言葉を聞けば、あなたの側にいる神々はできる限りの手をあなたへ伸ばしてくれるでしょう。
あとは、その手を素直に掴み、救いとして受け止めれば良いのです。