スピリチュアル解説【魂が肉体があった場所に留まらない理由】

魂は肉体があった場所に留まらない

スピリチュアルカウンセラーのTomokatsuです。

今回はスピリチュアルな観点から「生き物の死後」についてお伝えします。

魂は留まることはありません

「魂は迷うことなくグループソウルに帰るのだろうか?」

だいぶ前に、私はこの疑問について考えていた時期がありましたが、そのとき出た答えも今の答えも「魂は留まることはない」です。

その答えにたどり着いた理由は、またしてもそのように捉えないとつじつまが合わないことがあったからです。

大天使ウリエルにこのように言われたことがあります。

全ての人生はその時に完結しています。
だから過去世を心配する必要は無いのです。

ウリエルは未練などは残らないと言うのです。

人は転生の際に「人生の目的」を決めていて、どんな状況であってもしっかりとその人生の目的を達成して帰っていきます。

死に際に「あれもしたかった、これもしかかった」と言ったとしても、肉体から魂となって出た瞬間に、「ああ、そういう事だったのか!!」と納得してグループソウルへ向かう帰り支度をし始めるのです。だから、「魂は留まる必要はない」のです。

では、死に際に「あれもしたかった、これもしかかった」と言ったのはなぜか・・・

全ては地球に残していった家族や肉親たちに向けたメッセージと受け止めてください。

魂の行き来をサポートする存在たち

他にも「魂は留まることはない」とお伝えすることができます。

それは、私たちの魂をサポートする存在たちがいるからです。

私たちの魂は一人で母親の母体に入り、死して魂となり一人で帰っているわけではないのです。


私は天使で多くを理解していますので、天使を使ってザックリと紹介します。

紹介内容を読むと、神道や仏教にも同じ役割の存在がいると思いますので、それぞれの宗教観で解釈してみてください。

【行き】
・大天使メタトロン
転生をすると決めた瞬間に、人生の目的や「家族・親戚などのサポート体制」について、転生する魂と話し合う役割。グループソウル内で行われる。

・大天使アズラエル
転生先(母体)に入っていくまでのエスコート

【帰り】
・大天使アズラエル
肉体からグループソウル手前までのエスコート

・大天使サンダルフォン
グループソウルにある自分の魂の座席までのエスコートと、今生の振り返りをサポート


このような手厚いサポートが入り、魂が独りぼっちになるということが起こらないようになっています。

ちなみに、これらの天使の他にも宇宙存在であるアークトゥルスやアセンデッドマスターのエネルギー層も抜けていきますので、天使だけも十分とも思えますが、さらにたくさんのエスコートつきで行き来しています(笑)

それでも出てくる留まる魂の概念

では、未浄化の霊とは? 自分の側にいる霊とは?

「魂は留まることはない」という概念をもってしても、このような疑問が出てくるのです。

これは、人の意識の中の「先祖を敬う」「いつまでも一緒にいたい」という愛が発端となっています。

他にもネガティブな霊の考え方をお持ちの方もいると思いますが、この後のお話で全てが払拭できると思いますので読み進んでみてください。


死して魂になっても、一瞬でグループソウルには戻ることはなく、猶予時間があります。

魂は肉体の中にグイグイと押し込められていますので、身体からポンと出てもその形を維持し続けるからです。

その形が元の魂の状態(イメージはモヤモヤしたもの)に戻るのに、地球の時間で50日前後必要です。

この間の魂は色々なところにエネルギー体として現れるので、亡くなってすぐにその人を感じたり、夢に出たり、虫が知らせたり、摩訶不思議な遭遇体験をするのはこのためです。

その後、魂が元の形になったら、肉体があった場所に留まる必要は無いのでサポートチームと共にグループソウルに帰っていきます。


魂がグループソウルに帰った後に、亡くなった人の魂だと感じるものは、感じる人側の「思い出」です。

人の意識はあらゆるものを創造することができ、その中に、ご先祖さまの姿も含まれています。

お盆などのご先祖さまを思い出す集まりでは、それぞれ個人が持っている「思い出」を共有し合ってご先祖さまを創造し、「生前の教え」だけでなく今この瞬間に新たな気づきのきっかけを受け取るのです。


この創造はネガティブな霊の概念にも平等に適用されます。

いると思えばいる、いないと思えばいない。

人の創造力は何よりも強いので、なかなか「いるものをいないものと思う」ことや逆の「いないものをいるものと思う」というのが難しく感じるのも、創造力が強いからこそなのです。

おわりに

私が伝えたいのは、

「魂は繰り返しますが、1つ1つの人生はしっかり完結している」

ということです。

1つ1つの過去世も大切ですが、何よりも今生の人生が一番大切です。今生で何を学びたいのか、どのような行動をするのかを考えていくことが、今生の楽しみ方だと私は思います。

皆さんも是非とも今生の楽しみを見つけてください。

魂が帰る場所 | 人は死んだらどうなるのか? | スピリチュアル」もぜひご覧ください。

Tomokatsu公式LINEアカウント
『1日1分‼浄化と癒しの7日間レインボーヒーリング』無料プレゼント!
最新情報やお友だち限定無料ヒーリングなどが受け取れます。
友だち追加

↓↓龍の本心が分かる↓↓

▼クリックでの応援よろしくお願いします▼
▼2つのブログランキングに参加中▼

ブログランキング・にほんブログ村へ
スピリチュアル情報
スピリチュアルカウンセラーTomokatsu